台湾:行李寄存・自動存物櫃(寄物櫃・儲物櫃)(荷物預け・コインロッカー)

電子ロック式

tw_baggage_03 tw_baggage_02
[写真左]高雄車站 [写真右]松山機場国内線ターミナル

tw_baggage_06 tw_baggage_05

tw_baggage_04 tw_baggage_07

台湾内にあるのはほぼこのタイプ。
料金は立地やサイズにより20~80元程度で3時間毎に課金される。最大72時間まで。それ以降は開錠番号が失効する。
操作手順は

  1. 荷物をロッカーに入れる
  2. テンキー荷物を入れたロッカー番号を入力
    端末左右に番号の振られたボタンがある場合はそちらを押す
  3. 画面に表示された料金(ここでは20元)を投入
    ここで金額が表示されず密號(パスワード)入力の画面が表示された場合は入力したロッカー番号を間違えているか、故障している可能性が高いので別の機械に替えた方が良い
    また、「不我銭」「無我銭」「請自備零錢」という表記があるものは釣りが出ないので注意
  4. ガチャコンガチャコンと怖い音が鳴り始めるので、音がしている間にロッカーの扉をしっかり押さえつける。カチャッとかガコンッとかいう音がしたら施錠成功。
    なお、料金投入から180秒(古いタイプは30秒や60秒)以内に操作を完了させないと投入した料金は帰ってこないので注意
  5. 施錠が完了すると密號(開錠番号)が記載されたレシートが発行される
  6. 取り出す際は預けたロッカー番号を入力し、超過料金があればその金額を投入する。
    ここでも未対応機は釣銭が出てこないのであらかじめ小銭を用意しておくこと。

中には硬貨を返却する機構が存在しない機種があり、取りやめすらできないケースもあるので利用前に注意書きや外観をよく確認すること。
開錠番号を紛失したり72時間を超えたりして開けられなくなった場合は係員を呼び出すことになり200元かかる。
レシートは携帯端末等で撮影しておくと安心。
なお、空港や台鐵の駅以外に設置されているものは機械の管理が雑な傾向にあるのでなるべく避けた方が良さげ。
特に台北轉運站(Q-square)の外にあるロッカーは頻繁にトラブルが起きているらしく、筆者も1回20元を飲まれた経験があることを期しておく。

鍵式(鎖匙式)

tw_baggage_08 tw_baggage_09

tw_baggage_10
見かけるのは台北駅の地下と高雄捷運の駅、地方の空港とフェリーターミナルくらいで設置箇所は少ない。
以下は台北駅地下のもの
50元硬貨専用。
小サイズは50元/日、大サイズは100元/日。
課金タイミングは22:00
例えば21時から23時までの2時間しか利用していなくても2日分の料金がかかるので利用時間には注意。

行李房(車站行李托運中心)

取り扱い駅及び営業時間の一覧(中文)
http://www.railway.gov.tw/tw/cp.aspx?sn=3620

tw_baggage_01
台鉄が運営している手荷物預かり所。主要駅には大抵あるが駅の駐車場など解りにくい場所にあることが多い。
営業時間は基本的に8:00-20:00(高雄等ターミナル駅は7:00-22:00)
料金は
小型(3辺合計100cm以下)30元/日
中型(3辺合計150cm以下)50元/日
大型(3辺合計150cm以上)70元/日

預け日数が10日を超えると加算料金が倍になる。最大6か月まで。
ちなみに過去の遺物扱いされているせいか「行李房」で検索しても中文繁体ページの情報は殆ど引っかからない。
「台鐵」+「行李、包裹、寄存」辺りのワードで検索した方が引っかかるかも。

空港の荷物関連

桃園機場

台湾桃園国際空港 – 手荷物
http://www.taoyuan-airport.com/japanese/arrival_baggage

・コインロッカー(電子式)
(桃園空港のサイトにはまだ記載がありませんが)2016/8頃から運用が開始され現在、第一、第二ターミナルともペリカン便のカウンターや出入口付近など何か所かに設置されています。

悠遊卡を利用する場合はカード自体がキーになるので、取り出す前に払い戻したりしないように注意してください。ICカードを購入したい場合や残高不足の場合は空港内の便利商店(コンビニ)、到着ロビーにある電子票證聯合服務のカウンター、桃園機場捷運の駅窓口で行えます。

料金は3時間ごとに大80元、中60元、小40元と市中より高めです。最大預け時間は72時間。それ以上は下記の行李寄存を利用しましょう。

・存關行李
台湾への持ち込み制限物品や関税回避のために台湾内に持ち込みたくない場合に利用できます。
重量に応じて200~500元/回。最大30日。
受け付けはバゲージクレームエリアにある「存關行李」で行います。
受け取りは各ターミナルとも入国審査カウンターを出た近くの免税店付近のカウンターにて。

・行李寄存、打包服務
第一ターミナル1階出発ロビー及び第二ターミナルのSIM売り場付近にあるペリカン便のカウンターで受付。
料金は重量に応じて100~300元/日。受け取りの際にターミナル間の移動が発生する場合は100元追加。
また、パッケージサービスも行っており、プラスチックバンドによる結束の場合は50~100元程度。
ラップで包む場合はサイズによって150~250元程度。
台湾国内の宅配受け付けもあり。

宅配及びサービス一覧
https://www.e-can.com.tw/serviceNormalTemp.aspx?id=1&sys_id=5 (繁体中文)

松山機場

http://www.tsa.gov.tw/tsa/ja/page.aspx?id=1224
コインロッカーの利用を推奨している模様。
料金は大80元、小60元と市中より高いです。

大型荷物は250元/3時間又は450元/24時間、6日を超過すると空港外での保管になるとされています。パッケージサービスや台湾国内の宅配利用も可能。

高雄機場(航空站)

3階出発ロビー奥、レストラン付近にあります。
料金は重量に応じて50~300元/24時間。
パッケージサービスや台湾国内の宅配利用も可。
行李 http://www.airportbaggage.com.tw/index3.htm

打包 http://www.airportbaggage.com.tw/index4.htm

リンク等

↓台鐵の駅のコインロッカー料金及び鍵/電子式種別一覧
交通部臺灣鐵路管理局~各車站自動存物箱寄存服務
http://www.railway.gov.tw/tw/CP.aspx?sn=15716&n=18765

↓高雄捷運の設置駅及びロッカー数(サイズまでは分からない)
高雄捷運車站寄物櫃設置一覽表
http://www.krtco.com.tw/biz_apply/search-2_5_detail.aspx?ID=01bb9858-6b49-4c18-8c19-429de80b3b92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。