台湾の住所表記

郵便物の宛名や小包伝票の書き方はこちらも参照

台湾:郵件(郵便)

台湾:包裹(小包)

台湾の住所は欧米でよく見られるストリート形式になっています。
安いドミトリーは住宅街のど真ん中に立地していることも多く、目立つ看板がないことも少なくないため、
住所だけを頼みに辿り着かなければならないケースも多々あります。

安宿や路地裏にある商店を訪問する際は法則だけでも覚えておくとスムーズに辿りつける…かもしれません。
(Googleマップに登録されていない施設は、住所を打ち込んでもあいまい検索で似たような別の施設を表示することがあるので)

tw_adress_05 tw_adress_06
tw_adress_03 tw_adress_04
台北市内の通り表示と門牌号嗎
tw_adress_01 tw_adress_02
高雄市内は○○路△段ではなく○○△路(街)と表記される

門牌號碼

[Ménpái hàomǎ][メン パイ ハォ マー]と読みます。
要は街区表示板です。
台湾の建物は必ずどこかしらに掲示か表示してあるので、これが目的地へ向かう重要な情報となります。

迷ったらこの番号を基準にして、隣りの建物の数字が大きいか小さいかで向かう方向を決めると良いでしょう。
通り名が違っていたらまずそこを探すところから始めなくてはなりませんが。

住所表記のしくみ

ここでは北投關渡郵局を例に解説していきます。
この郵局の住所は以下になります。
臺北市北投區知行路293巷9弄11號

細かく分解すると以下のようになります

臺北市北投區

いわゆる行政区分です。
市→區に続くものは直轄市、日本で言う政令指定都市のようなもので、台北市、新北市、桃園市、高雄市、台中市、台南市がこれにあたり、田舎だとこれの下に里→鄰と続く地域もあります。
直轄市ではありませんが基隆市、新竹市、嘉義市も同じ行政区分形態です。
その他の地域は縣→市・鎮・郷→里・村→ 鄰と続きます。

・知行路

片側2車線以上で比較的広い通りは「路」、やや狭い通りになると「街」になります。
主要幹線道路は「大道」となっているものもあります(例:台北市の市民大道、台中市の臺灣大道 etc…)

ただ、このまま番号を付与すると番号のインフレが進みパッと見どの辺を指すのか解かり辛くなるため、建物が多い地域は一段、二段(高雄や嘉義は一路、二路)というように区切られています。

また、さらに解りやすくするために都市の中心部(たいていは中正路)を境目にして東西南北で分けているケースもあります(例:重慶北路一段、南京東路二段 etc…)

・293巷

路・街から分岐する路地。起点側の方が番号が若く、路と路を結んでいる場合は広い又は主要な道路の方が起点となります。

・9弄

巷からさらに分岐する路地。

・11號

いわゆる番地。
中正路の起点(都市の中心部、ほとんどはターミナル駅)から数えはじめて起点から
東に伸びている場合は左側が奇数番、右側が偶数になる。
西に伸びていれば左側が偶数、右側が奇数と逆になる。
南に延びていれば左側が奇数、右側が偶数
北なら左側が偶数、右側が奇数になります。
また、11號にあった建物や敷地が複数に分かれたなどの理由で11之1號といった感じで枝番が付くケースも(例:臺北杭南郵局 臺北市中正區杭州南路1段23號之3)。単純に11-1と表記される場合もあります。
ちなみに番号の付与規則順は巷や弄も同じです。

・楼/棟/階/樓/層

前者二つは建物、後者三つは階層を示します。
以下読み方と意味

縣(xiàn) http://cjjc.weblio.jp/content/%E7%B8%A3
市(shì) http://cjjc.weblio.jp/content/%E5%B8%82
區(qū) http://cjjc.weblio.jp/content/%E5%8D%80
鎮(zhèn) http://cjjc.weblio.jp/content/%E9%8E%AE
郷(Xiāng) http://cjjc.weblio.jp/content/%E9%83%B7
里(lǐ) http://cjjc.weblio.jp/content/%E9%87%8C
村(cūn) http://cjjc.weblio.jp/content/%E6%9D%91
鄰(lín) http://cjjc.weblio.jp/content/%E9%84%B0
路(lù) http://cjjc.weblio.jp/content/%E8%B7%AF
街(jiē) http://cjjc.weblio.jp/content/%E8%A1%97
段(duàn) http://cjjc.weblio.jp/content/%E6%AE%B5
弄(lòng) http://cjjc.weblio.jp/content/%E5%BC%84
巷(xiàng) http://cjjc.weblio.jp/content/%E5%B7%B7
號(hào) http://cjjc.weblio.jp/content/%E8%99%9F
之(zhī) http://cjjc.weblio.jp/content/%E4%B9%8B

中正路

台湾の各都市でやたら見かける、中華民国初代総統の蒋介石の名を冠した通り名です。
ちなみに蒋介石の本名は「蒋 中正」。
通り名だけではなく、中心的な役割を持った重要な施設名として名付けられることも多いです。

多くの場合その都市の中心部に位置する道路なので地図が見れない状況下で迷子になった場合は、まず中正路を目指し、番号が若い方向へ進むと鉄道駅か市政府などの中心的な行政施設に辿り着くことができます。

また、似たような通り名に「中山路」というものがありますが、こちらは孫文の別称(孫 中山)です。
中正路と同様に都市の主要な通り名に採用されていることが多いのですが、そうとも限らないことも結構あります。