Search Posts

千屋通信所の今後の活動について

2020/9/18更新

何か創作作品のような世界的混乱が発生しているため、当然のことながら当サークルの活動にも著しい支障が出ています。
というわけで、現在の状況及び今後の方向などを書き出していきます。

1.イベントの参加について

そもそもイベント自体の開催が難しい状況下のため、どうしようもありません。
状況を見つつ、あまりリスクを負わない形で何とかしていきたいと思います。

今後の参加予定イベント

2020/9/27 関西コミティア59 ※申込済
→出展しません(遠隔地からの参加である点と、参加にかかるコスト(主に手間)の負担が大きいため)

2020/11/29 名古屋COMITIA57W ※前回中止分からの振り替え参加、状況的に参加可能かはやや怪しい…
→開催中止

名古屋COMITIA57W開催中止のお知らせ | 名古屋コミティア
https://n-comitia.com/57cancellation/

2021年以降は完全に未定です

当サークルの発行物は委託書店でお買い求めいただくか、もしくは投稿フォーム等からご連絡ください。

刊行物 – 千屋通信所-旅遊情報站
https://cytn.info/books/

委託先の書店
・東方書店 通販ページ

・とらのあな 通販ページ
・メロンブックス 通販ページ

以下、廃刊したが手元に在庫が少量あるもの、もしくは書店に委託していない発行物になります。
お求めの場合は投稿フォーム等からお問い合わせください。
これらの価格は全て1冊200円となります。配送方法はご相談ください。

・journey knowledge台南バス情報
臺灣的點心-零食篇-
臺灣的點心-巧克力・煎餅篇-

・journey knowledge台湾旅行情報の旧版

2.「journey knowledge台湾旅行情報」の今後の改定版の発行について

以前は情報の改廃が激しいため年2回の改定を行っていましたが、以前と比べると落ち着いてきた感があるため毎年1~2月に年1回発行するスケジュールに移行しました。

しかし、台湾旅行(というか海外旅行全般)の需要の著しい減少、現時点で冊子の内容の変更箇所が少ない上に重要な変更もない点、在庫多数という状況のため、次の改定版の発行については、2021年の中頃(おおむね5~9月頃)に「journey knowledge台湾旅行情報2021-2022」といった形で発行する流れを考えています。

ただ、海外渡航の大きな制約が2021年以降も続くようであれば改定版の発行の延期や中止、発行形態の変更などを行う場合があります。

毎回購入していただいている方には不便をかける形になってしまいますが、サポートページによる情報で補って頂くようお願いします。

journey knowledge台湾旅行情報2020 サポートページ
https://cytn.info/jktw2020_support/

3.その他の刊行物について

ネタはそれなりにあるのですが、何か一つを完成させようとすると追加の現地取材が必要なものが多く、冊子製作が困難を極めています。

ひとまず旅行ブログの方の更新を進めて、ある程度記事が充実して整理出来たら、それらをまとめた感じで発行という形にできたらいいかなと考えています。

当面の間は下記のブログでお楽しみください。情報の整理もそれなりに進んできたので、今後は週1ペースくらいで更新できるようになるとは思います。

chiyatani.net – 扱いに困る旅行情報をお届け
https://chiyatani.net/

4.刊行物の電子媒体について

「journey knowledge台湾旅行情報」については冊子形態であることを前提としたレイアウトなので、電子書籍での展開は考えていません。
そもそもがこの「千屋通信所-旅遊情報站」の情報を冊子に落とし込んだのがこの冊子なので、スマホやPCで見るなら冊子ではなくてこのWebサイトで事足りるというのも理由の一つです。

その他の刊行物についてはPDFデータをそのまま販売できるところで何とかできないかとは考えています(メロンブックスDLとか)。

5.今後の活動全般について

上記のことから、海外旅行をテーマに活動していくことが難しいため、活動するテーマが増えたり変わったりするかもしれません。

6.その他

ネット上で見つけた情報や、調べた情報を放り込んでおくブログを始めました。
旅行以外の情報はこのブログで発信していく予定です(内容の8割はメモ書きになりそうですが…)

千屋通信所-工作資料平台
https://cytn.info/blog/

また、Facebookページによる情報のシェアは引き続き行います(台湾の情報発信はFacebookが主流なので)

以上

2020/7/21 千屋通信所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。