Googleマップの表示言語を変更する

Googleマップの表示仕様は言語設定が表示地域と相違する場合は表示設定の言語で表示し、それが不可能な場合は英語で表示する挙動をとります。

地名が日本語や英語で表示されると使いにくいことがあるので、表示させる言語を変更する方法を置いておきます。

今回は台湾の地名を繁体字中国語(繁體中文)で表示させます。別の言語で応用可能(なはず)です。

1.地域の変更

まずGoogleマップにアクセスします。

画面の右下の方に現在の地域が表示(下の画像では日本)されているので、その地域名をクリックします。

「もっと見る」をクリックして全ての地域を表示させます

「台湾」を選択して保存ボタンで設定完了です。

ちなみにこれ、Googleの検索設定なので右メニューを下にスクロールすると出てくる「検索の設定」からでも可能です。

2.設定言語の変更

この状態だとまだ日本語表示のままなので、言語の設定変更も必要です。

画面左上の検索バーの「≡」をクリックすると左側のメニューが開くので「言語」を選択

「繁體中文」をクリック

これで設定完了です

別言語の設定を保存する

このままだとどちらかの言語に引きずれれるため、他の地域を調べる度に言語設定を変更する必要があるため非常に面倒です。
というわけで、普段使いの言語と繁體中文専用のGoogleマップの設定を併用する方法です。

Googleは「www.google.com」以外にもサービス地域ごとにドメインが存在し、日本だと「www.google.co.jp」、台湾だと「www.google.com.tw」になります。これは他の国や地域でも同様です。

このドメインが変わると設定やログイン情報は引き継がれないので、設定やログインアカウントを同一ブラウザ上で併用することが可能です。これはcookieを消すまで有効です。

今回はGoogleマップの繁體中文の設定が保存できればいいだけなので、台湾版GoogleマップことGoogle地圖「https://www.google.com.tw/maps/」で上記の設定を行えば、日本版Googleマップ「https://www.google.co.jp/maps/」は従来通りに利用することができます。

当方はこんな感じで日本語設定の「Googleマップ」と、繁體中文設定の「Google地圖」のブックマークをそれぞれ作っています。
前者はログインしてますが、後者は言語設定のみを行って別アカウントなどではログインしていません。

スマートフォンアプリの場合

ちなみにスマートフォン類は端末の設定言語に引きずられるため、設定言語を「繁體中文(台灣)」変更する必要があるのですが、あらゆるアプリが繁体字に変更されるためかなりやりにくいです。

素直にChromeなどのWebブラウザを利用しましょう。モバイル版だとメニューの位置は変わっていますが同じような要領で設定可能です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.